HOME > スクリーン > フロントスクリーン > スーパーノヴァスクリーン > STS/STWスクリーンスタンド STS-CJⅡ-100/ STW-CJⅡ-100

dnp Supernova™ STS/STWスクリーンスタンド STS-CJⅡ-100/ STW-CJⅡ-100

 

STS/STWスクリーンスタンド STS-CJⅡ-100/ STW-CJⅡ-100

dnp Supernova™ 超短焦点プロジェクター対応

超短焦点プロジェクター対応STS/STWスクリーン専用の
プロジェクター台一体型の自立スタンドです。

主要メーカーのプロジェクターに対応していますので、プロジェクターの選択肢が広がります。
様々な設置環境において鮮明で臨場感の高い映像を体感することができます。

STS-CJⅡ-100/ STW-CJⅡ-100 フォトと超短焦点プロジェクター対応スライド棚の紹介

 

■STS/STWスクリーンスタンド[dnp Supernova™ STS-CJⅡ-100/ STW-CJⅡ-100]の特徴

●100(16:9)インチのSTS/STWスクリーンに対応
●主要メーカーのプロジェクター対応
●プロジェクター台一体型

STF0.9.(STSに搭載)

最先端のオプティカルテクノロジー

フレネルレンズ断面図

フレネルレンズテクノロジー

半円状のフルネルレンズはプロジェクターから投影された映像を効率よくスクリーンの前面に向かうように調整します。

1 ハードコート層
2 黒色層
3 拡散層
4 反射層
5 フレネルレンズ
6 バックコート

設置について

フレネルレンズ断面図

スクリーンの上方または下方のどちらの位置にも設置できます。
しかし、高レベルの環境照明がある中では映像が上向きに投射されるようにスクリーンの下にプロジェクターを設置することをおすすめします。このポジションにおいて上からの環境照明は遮断され、より高いコントラストが得られます。

 

STL0.5(STW, STE に搭載)

最先端のオプティカルテクノロジー

レンチキュラーレンズ構造断面図

水平方向に設けられた三角錐状のレンチキュラーレンズ構造は上からの環境光を吸収し、下側から投影された映像を拡散・反射することで広視野角で高コントラストの映像を実現します。

① 白色反射層
② 黒色レンズ層
③ 素地
④ 裏面保護剤

設置について

投影イメージ

スクリーンの下方に設置します。短焦点プロジェクターを下方向から投影することで上部からの環境光は吸収されよりコントラストが高い映像を実現します。

 

■STS-CJ?-100/ STW-CJ?-100

イメージサイズ 生地:STF0.9(STS)/STL0.5(STW) 外形サイズ
W×H(mm)
質量※
(kg)
図面データ
インチ W×H(mm) 型番 税抜価格(円)
100 2214×1245 STS-CJ?-100 オープン 2254×2250×1045 87.2 PDF/DXF
STW-CJ?-100 2236×2241×1045 77.2

※プロジェクター含まず

内訳:STS/STWスクリーン、スクリーンスタンド
≫取扱説明書

 

オプションスチール製追加トレイ フォト

■オプション

■スチール製追加トレイ

型番 価格 サイズ
W×D (mm)
質量(kg)
KT-350K オープン 500×375 3.5

≫取扱説明書