HOME > 電動装置 > 大型昇降バトンKBC/舞台

KBC

大型昇降バトンKBC/舞台

美術バトン・照明バトン

舞台や宴会場、スタジオなど大型スペースに設置する重量用バトン機構です。
電動昇降式、ウィンチ昇降式、ロープ引き昇降式があります。

KBCフォト

 

KBC-R KBC-R

■ロープ引昇降式

●簡易昇降装置
(例)吊物荷重20kgのもの旗及び議題吊用。
●バランス式昇降装置
(例)照明器具、幕類など必ず、吊物と同一のウェイトを必要とします。

 

KBC-R KBC-W

■ウィンチ昇降式

●バランスなしで比較的重い吊物をつる場合。
(例)照明器具、幕類など

 

KBC-R KBC-E

■電動昇降式

●綱元のスペースがない場合や、床に綱元などがあると邪魔になる場合。
●昇降速度の均一を必要とする場合。
(例)テレビスタジオなどの照明器具。比較的重い吊物の場合。

 

■舞台吊物設置配置例

舞台例イメージ

 

名 称 方 式 設備仕様
①一文字幕 固定式吊 釘打固定、パイプ吊
②袖幕 固定式吊 釘打固定、パイプ吊
③緞帳 三枚折上式 電動式、ウィンチ式
④照明バトン 昇降式 手動式(バランス式)、電動式
⑤カスミ幕 固定吊式 パイプ吊
⑥サイド幕 固定吊式 パイプ吊
⑦中引幕 引分式(レール吊) 電動式、ウィンチ式、ロープ引式
⑧映写スクリーン 巻上式 電動式、ウィンチ式、ロープ巻上式
⑨美術バトン 昇降式 手動式(バランス式、簡易式)、電動式
⑩後引幕 引分式(レール吊) ウィンチ式、ロープ引式

 

一文字幕(水引幕): 舞台額縁裏の上部に位置しマーク(紋)が入ることがある。
袖幕(源氏幕): 一文字幕の後で額縁の両脇に位置する。

緞帳(本緞帳):

舞台前列に位置し舞台と客席を仕切る幕で、ステージ幕の内では最も豪華な布地が使用される。
緞帳(絞り緞帳): 洋風な趣の催しなどに所用され本緞帳に準ずる。
定型絞り、変形絞り、蝶開(オペラカーテン)などがある。
緞帳(挽割緞帳): ステージの天井(ブドウ棚)が低い場合に使用される。
暗転幕: 場面の転換に使用される。
定式幕: 歌舞伎などの催しに使用される黒、柿、萌色の3色が使用される片引幕方式。
引割幕: 左右開きの構造と舞台前方にある物を前引幕、舞台中央の物を中引幕、後方の物を後引幕という。
カスミ幕: (一文字幕、水引幕)舞台上部の視界を遮ると共に奥行きに立体感を増す。
サイド幕(脇幕): 舞台両脇の視界を遮ると共に奥行きに立体感を増す。
バトン: 電動又は手動昇降装置とし吊下げるものが照明器具の場合、照明バトンと称し、議題や旗、背景幕などを吊下げるものを美術バトンという。
音響反射板: 音楽会などに主として使用され、吊物設備の内では重量物の部類に属し入念な取付を必要とします。
映写スクリーン: 昇降式のものは舞台のほぼ中央に固定張込式の場合は後壁面に取り付けられる。
スクリーンカットマスク: 映写画面の寸法を調整するもので左右開閉式とする。
大黒幕: 舞台後方に位置します。
背景幕: 幕に山、波、雲、などの背景になる絵が描かれてあり美術バトンに併設して使用する。
ホリゾント幕: 舞台最後部に位置しホリゾント照明により、色彩を出し舞台効果をあげる。
迫り上舞台: 舞台床の一部を可動式にしたもので、中には回転盆を併設することがある。

 

≫お問い合わせはこちらから